小島宏和氏が代表取締役社長の東京住建

一戸建て住宅というのはよく「一生に一度の買い物」だと例えられることがあります。確かに、一戸建て住宅を一生のうちに何度も購入するという人はなかなかいません。そのため、トラブルが起きない家づくりを達成するためには、それをサポートしてくれる住宅会社選びが重要となっています。東京住建にはどのような特徴があるのでしょうか。

■住宅性能について
住宅性能というのはその家の強さを測るものとして重要なものとなっています。通気性は湿気をどれだけ滞留させないかを測るものですし、断熱性は外気温の影響をどれだけ受けないかを表しています。このような住宅性能は住みやすさはもちろんのこと、その家自体にかかるダメージをどれだけ逃してあげられるのかということも表しているため、安心して住み続けていくためには無視することが出来ません。

東京住建の分譲住宅であるジオ・ステージはセミオーダーシステムを採用しているため、分譲住宅でありながら自分の暮らしやすさを追求できるというメリットがありますが、住宅性能が高いということでも知られています。それは小島宏和代表取締役社長率いる東京住建がこれまで培ってきたノウハウがあるからです。もしも住宅性能にこだわりたいのであればこのような企業を選びましょう。

■ウェブ内覧会について
住宅というのはカタログだけで選べるものではありません。それは、その家の持っているスケール感を実際に体験しなければどのような生活をするのかイメージが湧かないからです。そのため、内覧会の参加は必須だと言われています。しかし、忙しい現代社会を生きている日本人にとって内覧会への参加の時間を確保するのは一苦労です。さらに、その時間を家族で合致させるとなると至難の業であると言えるでしょう。

東京住建は小島宏和氏の考えとしてユーザーに寄り添う家づくりをするというものがあります。そのため、内覧会もウェブで開催しているのです。このウェブ内覧会はインターネット環境と端末さえあればいつでもどこでも行うことが出来ます。そのため、空いている時間を生かして取り扱っている物件を観ることが可能となるのです。また、こちらは全体だけではなく上下左右、さらに拡大を駆使して細かいところまで見ることが出来ます。

■すべてはユーザーのための取り組み
住宅性能にこだわるのであれば小島宏和が代表取締役を務める東京住建がおすすめです。こちらでは今までの実績を生かした家づくりを行なっているため、様々な住宅性能が高いとされています。住宅性能が高い物件は暮らしやすいだけでなく住宅への負荷がかかりにくいというメリットがあるため、長い間住み続けることが出来るのです。

また、東京住建はウェブ内覧会を行なっているため、いつでもどこでもネット環境さえあれば参加できるという強みがあります。こちらは時間を気にしなくても良いため、気になるところがあれば細部まで隈なくチェックできることも魅力的です。忙しい毎日を送っている人にこそ使って欲しい機能だと言われています。

株式会社東京住建のオープンイノベーション情報|eiicon