代表取締役社長小島宏和氏の理念が反映されている東京住建

住宅会社というのは一度の売り上げが大きいため、どのようにしてユーザーから利益を取ろうか考えているというところも少なくありません。しかし、一方ではユーザーに寄り添うながら最高の一戸建て住宅を作り上げようという気概を持った企業もあります。そのため、良心的な企業を探すことから一戸建て住宅建築は始まっていると言っても過言ではないのです。

■人と人の繋がり合いを大切にする企業
注文住宅というのは、一戸建て住宅の中でも取り分けハードルが高いものだと言われています。何故なら、その家はユーザーが思いのままに決めることが出来るため、選択肢が多すぎると感じるという意見があるからです。そのため、多くのユーザーはどのような家にしようか迷ってしまい、結局自分の理想にたどり着けないということも起きてしまいます。そのようなことを避けるためにはどうすれば良いのでしょうか。

東京住建はユーザーの理想に配慮した住宅会社です。何故なら、代表取締役社長の小島宏和氏が定めた企業理念の中に「ビジネスライクな提案はしない」というものがあります。理想の家というのは千差万別であるため、ある人にとっては最高の家でも、また別の人にとっては最悪ということもあり得ます。そのため、人のために働くことのできる企業を選ぶ必要があるのです。

■住宅性能が高いジオ・ステージについて
家族と共に住む一戸建て住宅は安全で快適なものでなければいけません。そのため、住宅性能にはしっかりとこだわりましょう。特に、日本は高温多湿の夏や厳しい寒さの冬を乗り切る必要があります。そのため、年中その厳しい気候にさらされる住宅は、他の国よりもより一層厳しい住宅性能が求められているのです。

注文住宅の施工を何度も行っている小島宏和氏が社長の東京住建は、建売住宅の商品としてジオ・ステージを提供しています。こちらは通気性や断熱性、採光性に防蟻性まで優れているのです。このような性能は家族が安心して暮らすことに役立ちますし、何より、家のメンテナンスを行う頻度を下げるという効果も期待できるのです。そのため、コストダウンにも繋がるという見方も出来るでしょう。

■色々な人の要望に応えることが出来る企業
小島宏和氏が代表取締役社長の東京住建は、ビジネスライクな取引をしません。それは、ユーザーひとりひとりにとって、住宅というのはかけがえのないものだと知っているからです。多くの取引を重ねると忘れてしまいがちな基礎中の基礎ですが、このようなことを愚直に守っているからこそ、多くのノウハウを現在の施工やサービスに活かすことが出来るのだという意見もあります。

また、そのような特徴が表れている商品のひとつとして建売住宅のジオ・ステージが挙げられるでしょう。こちらは住宅性能に優れているため、家族の安全を守りながら毎日を過ごすことができます。通気性や採光性、防蟻性に断熱性といった、日本のような気候の国で家を建てる上で欠かせないポイントを押さえているということが評価されていることもあるようです。