小島宏和のこだわりが詰まった東京住建の商品

衣食住という言葉があるくらい、住まいというのは人間生活の基本となるポイントです。帰る場所があるというのは、ビジネスの世界においてもしっかりとしたパフォーマンスを導き出すために重要な点として挙げられます。そのため、一戸建て住宅を建築するためには、そのパートナーとなる企業選びが大切だと言われているのです。

■ローコストでも自分の理想を掴む
分譲住宅というと、どうしても建売住宅なので決まった暮らし方しか提案が出来ない、というイメージを持っている人も少なくありません。確かに、そのような特徴があるからこそコストを下げることが出来るため、お得な値段を実現出来るという現実もあります。しかし、分譲住宅でありながら自分の理想を追求できるという住まいも存在するのです。

小島宏和氏が社長を務める東京住建のジオ・ステージは、ローコストでありながらユーザーの要望も最大限取り入れることが出来る商品として知られています。その秘密はセミオーダー方式です。基本設計図を軸にして住宅設備やエクステリアなどを自由に選ぶことが出来ます。さらに、空間の広々とした使い方や自然の光が窓に差し込むように作られた設計など、寛げる住宅となっていることも見逃せません。

■こだわりの保証制度
一戸建て住宅には安心して暮らすことが出来るということが望まれています。特に日本においては自然災害が多発するため、そこに重点を置いている人も少なくありません。近年では異常気象も続いているため住宅に関して安全性を求める動きが高まっています。住宅会社における安全性とはどのように測れば良いのでしょうか。

東京住建は小島宏和が代表取締役社長を務めていますが、こちらでは保証制度が充実しているというこだわりを持っています。「地盤保証」については専門会社が調査・解析を行なっているため工事についても信頼性があります。「瑕疵保証保険」は責任ある国の第三者機関が徹底して検査を厳しく行っているため、それに基づいた工事をせざるを得ないのです。そのため、施行された建物は安心安全に暮らせるのだと言われています。

■住みやすく、安心できる家
ジオ・ステージの魅力はローコストでありながら自分の住みやすい住宅を目指すことが出来るというものです。設計図を参照して、そこから自分の理想の住宅を作っていくため、まるで注文住宅のような住み心地を分譲住宅で味わうことが出来るという評価もあるのです。住宅性能についても、小島宏和氏のこだわるユーザーに向き合う姿勢が感じられるこだわりが感じられる代物となっています。

さらに、保証制度がしっかりしていることでも東京住建の物件は知られています。「地盤保証」「瑕疵保証保険」がついているため、その施工についても具体性のある安心感が魅力的です。保証があるということは、それを認めるための正しい施工があるということです。そのため、多くの人がこの企業を選んでいます。

株式会社 東京住建|いえらぶ不動産会社検索・口コミ・評判